第3回「家飲み川柳」投句募集

今年も伍魚福さんの「家飲み川柳」の選をさせていただきます。 http://gogyofuku.com/ienomi-senryu/index.html 皆様奮ってご投句ください。優秀作品には美味しいお酒とおつまみを進呈。(未成年の方にはお酒は届きません)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「現代川柳」第3回川柳大会のお知らせ

「現代川柳」第3回川柳大会のお知らせです。 日時  2013年6月30日(日) 午前11時開場~午後4時30分 会場  兵庫県私学会館206号室     (JR・阪神元町駅東口徒歩5分/TEL078-331-6623) 題と選者  「ヒット」 香月みき選        「うっかり」加島 修選        「 蛸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本現代詩歌文学館 2013年度常設展「明日から吹いてくる風」

日本現代詩歌文学館に川柳作品を展示しています。 http://www.shiikabun.jp/ 〒024-0093 岩手県北上市本石町2丁目5-60 0197-65-1728 日本現代詩歌文学館 2013年度常設展 ―明日から吹いてくる風― 2011.3.11と詩歌、その後 会期 2013年3月12日(火)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災川柳集「明日への祈り」完成

2012年になりました。今年もよろしくお願いします。 「現代川柳」では、引き続き東日本大震災被災地の応援をしていきたいと思います。 好評につき、7月に増刷いたしました。 この増刷分の売上は、すべて義援金とさせていただきます。目標30万円、現在35000円です(2012年1月3日)。どうぞご協力よろしくお願いします 購入ご希望…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

曽我六郎(大野進)さんを送る会について

現代川柳からのお知らせです。 平成23年8月24日未明、前編集長・曽我六郎が急逝いたしました。 葬儀は家族葬として済まされましたが、下記の通り「曽我六郎さんを送る会」を開催させていただきます。ご参列お待ちしております。                  記 日 時  2011年10月22日(土)午後6時~午後8時 会 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第二句集『ストレートライン』

私の第二句集が完成いたしました。 渡辺美輪川柳集『ストレートライン』 この恋も斜め横断してしまう 限界のギリギリギリとキリギリス まっすぐに走ろうまっすぐな道だ はっきりとさせようカナリヤは死んだ どうしてもあなたでどうしてもわたし さよならはきっと三三七拍子 押し寄せる思いは流氷のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸新聞投句募集

*神戸新聞川柳壇(渡辺美輪選)は題詠です。  〒650-8571   神戸新聞文化生活部 8月15日締切の題は「ショー」。ハガキ1枚につき1句。住所・氏名(ふりがな)・電話番号を明記のこと。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「現代川柳」創刊20号記念川柳大会

あす6月26日、「現代川柳」創刊20号記念川柳大会を開催いたします。  とき: 2011年6月26日(日)午後1時~4時30分  ところ:兵庫県私学会館2F302号室(中ホール)   (JR/阪神元町駅東口 徒歩5分/電話・078‐331‐6623  題と選者  「チーズ」  竹井紫乙選  「 敵 」  平尾正人選  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「東日本大震災川柳」募集

雑誌「現代川柳」からのお知らせ *緊急公募「東日本大震災川柳」 2011年3月11日午後2時46分、東北地方を震源とするマグニチュード9.0の未曾有の大震災が発生。続いて発生した津波により、宮城県、福島県をはじめ東日本太平洋沿岸部は壊滅的な打撃を受けました。 16年前、奇しくも阪神・淡路地方を襲った大震災のとき、時実新子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「川柳入門」スタート!

雑誌「現代川柳」からのお知らせです。 初心者教室「現代川柳入門」スタート! 「現代川柳を一から勉強したい」「自分の句のどこがいいか悪いかよくわからない」「作句についての悩みに答えて欲しい」 そんなあなたのために、初心者入門講座を開講いたします。 会員・誌友を問わず、ぜひご投句ください。講師は中野文擴さんです。 ◎第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時実新子展 川柳入選作品発表

徳島県立文学書道館での「時実新子展」で募集した川柳の入選作をご紹介します。 時実新子展 川柳(雑詠) 杉山昌善選 【一般】 特選 菜の花にまるをもろうたぺけもろた 中川浩 入選 口笛が再配達でやってくる 弘津秋の子 掌に余るリンゴの朱に啖いつく 嶋村幸 襟巻きに星の匂い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時実新子展&川柳ワークショップ

本日午後1時半から徳島県立文学書道館にて、川柳ワークショップを行います。 現在徳島県立文学書道館では、時実新子展開催中。それに合わせた関連事業のひとつとして、今回のワークショップが企画されました。 時実新子展は大人500円とお手頃な値段。常設展も見られます。 ワークショップは参加無料。受付にて整理券をお求めください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校生川柳募集!

受験生のための応援サイト「キャンパスNOW」で高校生川柳を募集しています。 選者は私・渡辺美輪です。高校生のみなさん、どしどし投稿してくださいね! *募集要項* 1.応募資格 高校生または予備校生であること。 2.応募条件 (1)必ず自作の未発表作品であること(二重投稿は不可)。 (2)作品中、またはペンネーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『川柳タッグマッチ』渡辺美輪X徳道かづみ

2005~2006年に神戸新聞水曜夕刊で連載、2007年1月~2月にかけて「川柳つれづれblog」でも掲載しておりました徳道かづみとの競作エッセイ&川柳です。 川柳タッグマッチ価格:1,575円(税込、送料別) 『川柳タッグマッチ』渡辺美輪×徳道かづみ 神戸新聞総合出版センター刊 定価1500円+税 ISBN978-4-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川柳の六大家(4)椙元紋太

川柳の六大家、4人目は椙元紋太(すぎもともんた)のご紹介です。 紋太は神戸市生まれ。14歳で父を亡くし丁稚奉公、後には菓子商甘源堂主人になりますが、商売のかたわら川柳にも熱心に取り組み、関西柳誌の有力同人となります。 41歳で「ふあうすと」を創刊しますが、その巻頭言で『「ふあうすと」が出た。偶然に出た。誰が主唱者でもない。誰が発起人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川柳の笑いについて

一般に「笑える川柳」というと、たいていはサラリーマン川柳やマスコミ川柳、一部の時事川柳のような「おもしろおかしい川柳」というふうに取られがちです。 しかし川柳において「笑い」ほど難しいものはありません。 私と一緒に『時実新子 川柳の学校』を書いた杉山昌善さんの持論は、こうです。 「川柳における笑いとは、チャップリンの笑いである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『60歳からの新しい川柳』杉山昌善

60歳からの新しい川柳価格:1,470円(税込、送料別) *川柳仲間の杉山昌善さんが、おもしろくてタメになる、中高年のための川柳入門書を書きました。 あなたも仕事を卒業したら、次は川柳に入学しませんか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川柳の六大家(3)村田周魚

川柳の六大家、三人目は村田周魚(むらたしゅうぎょ)をご紹介します。 周魚は東京下谷区生まれで、父は俳諧師でした。そのため小学生の頃から、自身でいうところの「門内の小僧」として、自宅で開催された俳句の運座に連なっていたのです。やがて俳諧の耳学問から前句附を知り、俳句から川柳に転じ、大正二年、剣花坊の柳樽寺川柳会の同人となります。 大正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サラリーマン川柳

毎年、サラリーマン川柳の年間ベスト10が発表されます。 マスコミはこれを「優秀作品」と言っていますが、実際のところは一般投票による「人気ベスト10」。下ネタありダジャレあり、他人をけなし自らをおとしめ、下品だろうが何だろうがウケさえすればそれでいい、ただ笑いだけを狙った作品の数々から選ばれた人気作品です。 いえ、決して「笑い」が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more